外資系動物薬メーカーへ新卒入社

大学院修士課程で生物情報科学、遺伝子工学を専攻し、新卒で外資系動物薬メーカーに入社しました。
その会社では動物実験のプロジェクト管理や実験施設・設備の研究開発やリソース管理を行っていました。
澪標アナリティクス入社前にも修士課程在籍時と前職で統計解析の使用経験がありました。

趣味はゲームで、遊ぶだけではなく制作の方もやります。あと、動物と遊ぶのも好きです。

統計学や機械学習だけでなく、コンサルタントとしての専門性も

入社して特に「身についたな」と感じたことは2つあります。
1つ目は、機械学習、統計学の知見です。
実データに機械学習や統計学の各モデルを適用できる機会が多くあり、理解が確実に深まりました。

2つ目は、コンサルタントとしての思考です。
未知の案件に対する考え方、仕事の進め方、分析方法などは、やはり実務で経験しなければ身に着けることは難しかったと思います
特に「だから何?(So what)」は重要ですね。分析して終わりにならないように、日々気をつけて取り組んでいます。

専門知識とコンサルティングの掛け算で売上が3倍に

印象に残っている案件は、とあるゲーム会社の分析案件です。
個人的にプレイしていて「良いゲームだな」と感じていたのですが、実際はプレイユーザー数も売上もあまり振るわない状況でした。
ゲームの売りである独自IPをどう生かすのかが重要なポイントであることはお客様も認識していたのですが、これまで有効な手が打てていなかったのです。
そこでユーザーフローを網羅的に調査し、データ分析により離脱ポイントの共通点を洗い出し、ゲームの売りと離脱ポイントの解決を両方達成できる施策を打ちました。

その結果、売り上げが3か月で2~3倍になり、ユーザーの離脱も収まるようになりました。
データ分析にビジネスドメイン知識とコンサルティングの知見を合わせることで、大きな成果を挙げることができたのが印象的でした。

今後の目標は、育成と知識の深堀り

現在目標としていることは2つです。
まず、アナリストやデータサイエンティストの育成です。
分析ができるだけではなく、計算方法や使うべき(使ってはならない)事例まで説明できる人は意外と少ないので、自分の経験を還元していきたいと考えています。

次に、興味のある分野をより深耕していきたいです。
特に時系列データ分析の応用事例の調査・実践等は興味を持っている分野です。
統計学や機械学習でビジネスに価値を出したい方、応募お待ちしています。

Job Opportunities

一緒に働くメンバーを募集しています

ビッグデータに価値をもたらすプロフェッショナルを志す仲間を募集しています。

> positions